オーガニックワインとは、農薬、化学肥料、除草剤などを一切使わずに育てた葡萄で作ったワインのことです。ヨーロッパでは、いくつかの機関が厳しい基準を設けて、合格したワイナリーに認証マークを発行しています。イタリアでは、ビオロジコとよばれています。特徴としましては、本来の葡萄の力を発揮して、地下10mにも根を張り、豊富な水分やミネラル分を充分に果実に送り込みます。当然、出来上がったワインの果実味やミネラル感に大いに影響を与えるのです。ところが、農薬や化学肥料を使うと、地面から地下1m程の所に石灰層が出来てしまい、根がそれより深く張れなくなってしまいます。その結果出来た葡萄で作ったワインはご想像出来ると思います。

Post Comment

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。